ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2016年8月

月別アーカイブ: 2016年8月

購入ページヘの更新と、お客様レビューの追加

購入ページにAK4495S特注DACの記載を追加いたしました。ご注文いただけます。

AK4495Sは選択式電源アップグレードがType AまたはType Bから。OCXOアップグレードは任意でお選び頂けます。ご購入の際は電源オプションをAまたはBよりお選びください。また選択式のOCXOアップグレードは+6万円です。電源タイプとオプションの有無については備考欄に記載してください。特に記載がない場合にはAで出荷となります。Bを希望される場合には備考欄に必ず記載をしてください。

また、大変申し訳ありませんが8月の27日より一週間ほど臨時休業期間をいただきますため、本格的な生産は9月以降となります。すでに購入されている方のための電源アップグレード受付も9月5日以降での開始予定で検討中です。また現在DAC用ケースの在庫が残り6台分のみとなっております。こちらの在庫分終了後はDACの出荷までの納期がケース再生産からとなってしまいますため最悪の場合2-3ヶ月ほどいただきます。

新しく標準搭載となった2種類の電源の音質差について、こちらにも記載します。

Type A
特にご希望がない場合はこちらを搭載します。逢瀬標準の音質です。オールマイティーでジャンルを選びません。音の傾向は従来の延長線上にあります。従来モデルより空間が広がり透明感が増しますが方向性の変化はありません。多種多様なジャンルの楽曲を聞く場合にはこちらが適合します。特にアタックの強い音色や、低音の安定感を求める場合にはこちらを選ぶことを推奨します。音像が若干ですがBより厚く、全体的に癖の少ない音質です。

Type B
分離の良さに特化したオプションです。Aよりも空気感があり、さらに透明度が高い音質です。ハイ上がりという意味ではなく、中域の透明度が高い音質です。こちらは女性ボーカル、情緒有るクラシック、繊細で優しい曲によく適合します。テンポの早い楽曲や、打楽器、低音が重要なジャンルには合いません。高音はAより若干色があり、低音はややゆるく、Aより弱い印象です。粒子が細かくAより描写が緻密で像が小さいです。PCMよりDSDを好む方はこちらが適合しそうです。

OCXOオプション

空間の広がり、低音の安定感、音のピント、すべてが向上します。アタックが早くなり音の立ち上がりがより明瞭になるので前後感も改善します。従来クロックよりも奥行きのある音が出ます。ただし高音が以前より引き締まるので楽曲によってはハイがきついと感じられる可能性もあります。ですが加工ほとんど無しの生録のリアリティは向上しているので、ハイがきついのは音源加工のEQ設定の問題と考えています。

お客様レビューページの追加

こちらはお客様より直接の希望があったため対応した形となります。頂いた意見とは、逢瀬製品のネット上で音質比較記事がまだ少なく、特に音質面での比較などで参考になるページが少ないため、そういった類の情報が欲しいという内容です。これに対応いたしまして、お客様によるレビューのページを追加いたしました。小規模のメーカーですとこのような取り組みは既存のメーカーや小規模の個人系のオーディオサイトでもみかけますが、逢瀬ではこれが初公開となります。

まずはいままで頂いた意見をこちらの都合にて勝手にHP上で公開してしまうことについて、お客様に以前より事前での告知が出来なかったこと、ここにお詫びいたします。今後は掲載出来るような比較参考の意見はこちらに掲載することと致しますので予めご了承ください。もちろん個人の特定ができるような情報は全て編集してとなります。

いままでお客様のレビューを一切掲載しなかったのはいくつか理由があるのですが、最大の理由は良い意見のみを抽出して掲載することへの抵抗感です。よく見かけるレビューサイトではおそらく良い感想のみを記載するのが一般的だと思います。ですがオーディオのように趣向によって印象が大きく変わる可能性のあるジャンルでは、本当は好意的意見しか存在しないなどということはありえません。

レビューにやらせとか創作疑惑がでるのは、まさにそのような違和感からだと思います。

なので逢瀬ではお客さまにとって出来る限り比較や検討のための参考になるような意見については、若干のマイナス印象や問題点も可能な限り参考レビューとして掲載することにしました。確かにメーカーの都合としては最高の評価をのせたいし、それ以外の意見は耳に痛いものです。良いレビューばかりのほうが見た人にとっての印象は良いし目先のセールスも良いかもしれません。

本当に信頼のできるレビューというのは良いも悪いも明確であるべきです。既存のオーディオ広告媒体が力を失っているのはこれが最大の理由ではないかと考えていて、メーカー都合による検閲されたレビューではなく、これからの時代に求められていくのは出来る限り客観的な信頼の置けるレビューのはずです。逢瀬ではそのために参考になりそうな内容であればマイナスの印象も公開することにしました。

ただし次に該当する内容は削除します。

  • 個人の名称すべて、住所に関係するような情報
  • 個人を特定できるような機種名、システムの全貌
  • お客様向けの参考用として内容が不十分なもの
  • 長過ぎるレビュー(見やすさ重視で内容を一部選定します)
  • 悪意のあるレビュー(今まで頂いておりませんが、今後これは削除対象です)

以上です。よろしくお願いいたします。

AK4495S-DAC発売再開とアップデートの時期に付きまして

おまたせしておりますが、上記の予定についてご連絡いたします。現在再生産中のAK4495S-DAC基板とアップグレード用の基板一式が8月下旬に到着予定です。

既にご購入のお客様への各種アップグレードのご連絡もこのタイミング以降でのご連絡となります。詳細は改めて告知いたしますがアップグレード内容は次の中からご希望により選択式となります。

  • OCXO搭載 +6万円
  • 選択式電源アップグレードTypeA一式 +3万円
  • 選択式電源アップグレードTypeB一式 +3万円

OCXOは電源とは別個にアップデートが可能です。電源のTypeAとTypeBは選択式でどちらか一方のみを選択して頂く形です。どちらにも良い部分がありますので一方が絶対優位ではありません。音楽の趣向、音質の趣向で決まる部分です。ですのでこのAとBの音質についてはできるだけ詳細な資料を用意いたしますので、最終的にご希望によりどちらか一方を選んで頂く形となります。ただし申し訳ありませんがTypeAとTypeB電源の実物貸出による比較試聴については切り替えて試聴などが不可能なため、こちらは当面試聴室でのみの受付とさせてください。音質差についての情報は出来るだけ用意いたします。

また現在ストップしておりますAK4495S-DACの購入フォームの再開も同様の時期(8月下旬以降)となる見込みです。再生産DACの生産につきましてはできるだけ早くと致しますが、現在のところ9月以降に順次発送という見込みとさせてください。

おまたせしておりますが以上、よろしくお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 合同会社逢瀬 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.