ケースが上がってきましたので試作してテストしています。比較用に物量主義の合計2000VAのトランス+巨大コンデンサを載せたNcoreモデルも作成してあるのですが、現状ではトランスモデルに比べて音が固い部分があるのでチューニングしてもう少し聴きやすい仕上がりにしてからのリリースとなりそうです。

jhbchcaa

これは経験上ですが低音の出方についてはトランスはやや柔らかく、スイッチング電源はキレがありハイスピードで超低音の伸びがあります。その分スイッチング電源のほうが音がきつく聞こえやすい問題がありますので、トランスモデルと比較して問題ないレベルまで調整します。とにかく基本特性に優れるアンプなので、その良い部分を削らないようにうまくキツさを軽減できるように持って行きたいところです。

ちなみに写真の上側はDSD対応の試作DACプリです。こちらはこのままの仕様では出しませんが今年中には音質的に最も優れている要素全てを集結したフルサイズのハイエンドプリDACの開発を進めたいと思っています。当然ですがIntegratedに搭載したものと比べて大幅な躍進となる予定です。DAC素子やデジタル処理の部分も色々検討中です。こちらも今後情報を出せるタイミングで出していきます。まずはパワーアンプです。