ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • Integrated 250

タグ : Integrated 250

ヘッドフォン祭 お礼

イベント無事に終わりました。来ていただきました皆様へ、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。なかにはヘッドフォンをあまり使われないという方にも来ていただきまして本当に感謝感激です。初めてで細かい配慮やスムーズにできなかったところもあったかもしれませんが、今後回数を重ねて慣れていきたいと思います。今後共よろしくおねがいいたします。

当日一部の方にお伝えした重要な情報をこちらにも書きます。まずはIntegrated 250関連です。

  • Integrated 250の貸し出しは1-2週間以内のスタートになります。本Blogに貸し出しフォームへのリンクを追加します。
  • Integrated 250の状況ですが、音質は完成、基板もほぼ完成していますが、ソフトウェアの問題がありバグが解消出来るまで正式発売は見送りしています。バグの内容は初回起動時に失敗する、入力切替時にSP出力がでなくなる(電源再投入で改善)、等です。
  • バグや未見の不具合が他にもある可能性もありますので、そのあたりの検証を含めた貸し出しとなる見込みです。特に外部プリモードは想定外のトラブルがあるかもしれませんので様々な状況でのご意見をお伺いしたく思っております。
  • 動作検証の意味を込めた貸し出しになりますので、Integrated 250の貸し出しは最終的にアンケートにご回答頂く形とさせてください。内容は勝手に公開はしないようにします。よろしくご理解をお願い致します。
  • 祭り当日、ヘッドフォン用のアダプターの要望がありましたので、4pinXLR、3pinXLR、4.4mmバランス端子、アンバランス端子の切り替えスイッチを含めた現行端子全てに対応したBOXになります。これはIntegrated 250と統一された外観デザインです。価格は税込み10万以内にしたいです。
  • ヘッドフォン用のアダプターはスピーカ出力を接続します。開発開始時期はWATERFALL Integrated 250、Power 500、どちらも正式発売完了後となります。状況はこちらで報告していきます。

次にハイエンドDAC関係です。

  • 理論の構築は出来ました。シミュレーションでも基礎理論が動作することを確認済みです。
  • この新方式を使えば現在の100倍程度のノイズ性能を実現できる可能性があります。もちろん様々な物理的制約によってそこまでの飛躍を出来ない可能性もありますが、省スペースで飛躍的に性能を上げるポテンシャルがあるということです。
  • 新方式は既存のDACチップを使って実現出来ます。最新最高性能のDACチップよりも遥かにノイズ的に高性能にできます。
  • この方法はパラレル化ではありません。パラレル化で100倍の性能を実現するためには10000個のパラレル化が必要です。パラレル化は効率的に8個程度が限度です。それでは3倍弱の性能しか得られません。
  • ただし理論通りに動かすためには色々な課題があり、理論通りの性能を出すためには個体差調整や部品選定が必要になる可能性もあります。コストはこのあたりの歩留まり次第です。
  • どのメーカーもやっていない方式です。海外ハイエンドメーカー含めて事例は見たことがありません。失敗する可能性もあります。
  • 最終的な性能目標はMSB SelectDACを超えることです。

ハイエンドDAC以降のストーリーです。

  • 現在は基礎クオリティに注力した無色透明なサウンドをWATERFALLシリーズとして開発していますが、ハイエンドDAC以降は別のシリーズを作ります。
  • 新シリーズは自身の音楽性を表現したシリーズになります。WATERFALLは透明ですが新シリーズでは明確な色や個性を付けます。色付けは技術的要因や基礎クオリティが極まってから行うべきと考えているので現在のWATERFALLはその前提となる基礎研究にあたります。
  • 新シリーズは測定特性にとらわれない設計思想になります。今までは特性確保上使えなかったような素子を使います。
  • ハイエンドDACの発売、または開発断念の後になりますので、時期は相当先になります。

以上です。

今回の当日のスタッフは以前からお世話になっている二人に手伝っていただき、私を含めた3人で行いました。Focal Utopiaの提供ならびにアダプターの追加、自動車での移動まで行っていただきましたNさん、音楽関係時代からの長いおつきあいのKさん、当日は設営から撤収までのお手伝い、本当にありがとうございました。また当日は来られておりませんが女性用制服を作っていただいためりこさん、ありがとうございました。

最後に当日会場まで来ていただきました皆様へ、ありがとうございました。

Integrated 250の音質と仕様

先日の「逢瀬の目標と売上規模」ではやや悲観的とも取られかねない記事をアップしてしまいましたが、明るいお知らせがあります。

現時点でのIntegrated 250のDAC部クオリティですが、当初のハイエンドDACで到達するはずだった目標をこの製品で既に達成しました。次期製品の音質は素晴らしい仕上がりになりそうです。

以前に進捗をご報告した時点から何度か設計をやり直しているのですが、一部まだ改善の余地があったところに気づきましたので対策を反映した所、音質面でさらなる飛躍があり一気に目標達成となりました。

比較すると某DACは下記のリストに書いた部分で後退があります。なのでIntegrated 250の段階でDAC部は相当ハイレベルな仕上がりになっていると思っていただいて良いです。もちろん中身のコストアップはしていませんので最終価格はミドル価格のままです。

現時点でのIntegrated 250のDACの音の傾向は次のとおりです。

  • 左右に広がる音がとても際立つようになりました。もちろん中央が薄くなるわけではなく中央の存在感はそのままに左右の音が際立って明瞭に聞こえます。
  • 中音域の透明感がかつて聞いたことのない領域に到達しています。この中域がクリアになったことで高音域と低音域が以前よりも力強い存在感を感じるようになりました。
  • 演奏のディテールが非常によく分かります。弦の個別パートの動き、ボーカルのハモリの音程、リバーブとディレイの減衰パラメータなど、音源を構成する詳細な要素が注意を傾けなくとも自然に耳に入ってきます。

これを聞くとまるで耳が良くなったように感じます。正直Integrated 250の価格帯に求められるクオリティではないと思います。是非価格にとらわれず本機を評価していただければと思います。今までの逢瀬の方向性に前向きな印象を持つ方であれば正常かつ大幅な進化であると感じられるはずです。正直なところ前作のAK4495S-DAC最終版からもかなりの飛躍があります。

Integrated 250の仕様おさらい

この製品は設計的にはプリメインというジャンルになるのかもしれませんが、内容的にはプリアンプは入っておらず、ヘッドフォンアンプ付DACと単体パワーアンプを一台のケースに入れたような設計です。

デフォルト設定ではDACにデジタルボリュームがありますのでデジタルソースメインならこれ一台でシステムを完結できます。スピーカでもヘッドフォンでもこれ一台で対応できます。もちろん単体DACとして外部プリアンプまたはパワーアンプと直接接続しても使えますし、単体のNcoreステレオパワーアンプとしても使えます。

注意すべきなのは、本機はプリメインアンプではないため既存プリメインアンプとは決定的に違う部分があることです。たとえばアナログボリュームを搭載していないため、ボリュームが前提となるアナログソースを直接繋ぐことが出来なくなりました。フォノも搭載は無しです。そのためアナログソースと組み合わせて使う場合には間にボリューム調整のためにプリアンプ的な機器が必要になります。

ですから本機をプリメインアンプと呼ぶことは厳密には間違っています。プリメインと呼ぶことは上記のような仕様面の勘違いが発生する可能性がありますので、ぜひともご注意お願い致します。

またヘッドフォンアンプの機能についても言及しないといけないですが、本機をヘッドフォンアンプ単体としては使うことは出来ません。これもアナログボリュームが非搭載なことが理由です。内蔵ヘッドフォンアンプはDACの出力に直接つながっていますのでパワーアンプダイレクト時には無効になります。

以上のように本機はデジタル機器を切り替えて使う場合にはその能力を最大限発揮しますが、プリメインアンプではありませんのでアナログ機器を繋ぐ場合には外部にアナログプリが必要となります。この点ご注意お願い致します。

やや従来の常識から外れた製品ですので、製品のリリースが近づいてきましたらまた詳細な資料を用意いたします。

前作のIntegrated 180で反省すべき点として中途半端なアナログ入力機能を入れてしまったことで製品を正しく評価していただけなかったということがありました。アナログ入力の実用上の便利さには評価をいただいていたのですが今作では音質優先のため非搭載としました。

ハイエンドDACの展望について

予定通りこれに飽き足らず今後Integrated 250を圧倒するようなハイエンドDACの開発は引き続き行います。秋のヘッドフォン祭に間に合うかわかりませんが初期試作品はなんとか間に合わせたいです。とはいえIntegrated 250を超えるためには今後あらゆる手段を使っていかなければならないと思っています。Integrated 250がとても良くなった代わりにハイエンドDACは最終価格が見えなくなりました。一体どれくらいのことをしたらこれを圧倒的に超えられるのか未知数です。

もちろんコスト度外視なら設計上の勝算はあるのですが、生産コストは安く出来ないと予想していますので、大きな価格差ほどの魅力と実力差を打ち出せるかどうかが最大の懸念事項です。飛躍できるような圧倒的な音質の差別化をするところまで求めると、おそらく価格は大幅に上がってしまいます。

ちなみに今までの教訓として、常にこれがベストと思った製品を用意しても正式発売する頃には他社でそれを上回る製品が出てきて、逢瀬は後からそれに追いついていくということを繰り返していますので、今回もIntegrated 250はそのような展開になることを予想しています。なのでハイエンドDACはIntegrated 250を絶対的に上回れるような圧倒的余裕を作りたいと思っています。ですのでハイエンドは必然的にコスト度外視の製品となる可能性が高いです。

大変申し訳ありませんが、来年以降に発表する見込のハイエンドDACについては以前お話していた価格帯には収まらなくなってしまう可能性は考慮に入れておいて欲しいと思います。

またこのハイエンドDACはかねてからの発言通り最新ではないDACチップを採用します。Integrated 250は最新チップで最高音質を達成していますが、ハイエンドDACは最新最高のDACチップを否定します。それでIntegrated 250を是非余裕で打ち破りたいと思っています。現状ビジネスより音質を重視していると発言したからには音質だけは最高を求めていかなければなりません。ハイエンドDACはその象徴的な製品としたいと思います。

PAGETOP
Copyright © 合同会社逢瀬 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.