WATERFALL Power 400

外観図は3Dデータによるものです。外観は製品版もほぼ同等になりました。ただしスイッチ位置をIntegratedと共通にしましたので左側に変更になっております。

WaterfallPower1s

モノラルパワーアンプ / ハイエンドモデル
発売中 / 定価32万円税抜き(モノラル仕様です)
受注生産品 納期2ヶ月以内

WATERFALL Power 400

WATERFALL Compactで採用したUCDをはるかに超える世界最高峰のスペックを持つ究極のクラスDアンプユニットNcoreを搭載。このユニットはクラスDアンプでありながら前代未聞の最高性能を実現しています。「前人未到のデジタルアンプ」とはまさにこのモデルのためにある言葉であるといえるでしょう。デジタルアンプという先入観では評価不可能です。これはクラスD特有の素早い応答と分離の良さに加え、最高級アナログアンプのような滑らかさを両立している奇跡のパワーアンプといえます。

サウンドは非常にパワフルでクリア。ハイエンドクラスのスピーカであっても低域をしっかりとハイスピードにコントロールします。その秘訣は400Wのアンプ出力に対して1200Wの出力余裕を持つ電源ユニットにあります。経験豊富なオーディオファンであれば電源の余裕の重要性はよくご存知だと思います。ハイエンドの厳しい要求に答えるためにWATERFALL Power 400は電源に対しても十分な出力を確保しています。これにより国産ガレージメーカーにありがちな「高音は綺麗だが低音が弱い」という心配はありません。1200Wという余裕は大抵のアナログ高級アンプを凌ぐ物量です。といってもスイッチング電源の採用により驚くほどコンパクトに仕上がっています。クラスDアンプなので排熱もわずかしかありません。まさに次世代の驚きと感動とテクノロジーの進化を体感できるアンプだといえるでしょう。

ケースは振動に強い肉厚のアルミを使用。特にサイドパネルは1cmもの厚みがあります。またWBTのスピーカターミナルの採用により出口の振動対策も怠っていません。フルカラーLEDによるイルミネーションで見た目にも美しく、出力信号の状態もわかります。

主な特徴
  • フルディスクリートのオペアンプを内蔵。信号経路は全てディスクリート構成
  • ディスクリートレギュレータ搭載
  • THD+Nは0.0007%に達します。1kHzの測定ではなく20Hz<f<20kHz, 4Ωです
  • 2Ωまでの負荷に対応。最大電流24A
  • SN比はフルパワーで124dB、2.8Vrmsで101dBを確保
  • 出力抵抗は0.7ミリΩ、ダンピングファクターは11000にもなります
  • サイズは220×290×60とかなりの小型です
その他の特性

ncore

入出力仕様
  • 標準AC100V入力、200V仕様も可能
  • XLRバランス入力 … 1系統 (注1
  • モノラルスピーカターミナル出力 … 1系統

注1 性能確保のためRCA入力はありません。付属のRCA-XLRケーブルを使うようにしてください。

付属品
  • マニュアル
  • 電源ケーブル
  • Belden 88760 RCA-XLRケーブル 1.5mペア

WaterfallPower2s

PAGETOP
Copyright © 合同会社逢瀬 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.