購入

購入フォーム

購入品目
 AK4495S特注DAC WATERFALL Power 400 (ペア2台)

お名前

メールアドレス

電話番号 (例:XXX-XXXX-XXXX 半角ハイフンあり)

郵便番号 (例:XXX-XXXX 半角ハイフンあり)

住所

そのほかご希望などございましたら、こちらにご記載下さい

 上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

通常ラインナップ品

AK4495S特注DAC(数量限定特別モデル)

Integrated_image3

定価:300,000円(税抜き)

商品説明を表示

Integrated 180の内蔵DACも定評のある音質でしたが、本機の音質は専用DACとして進化したものでIntegrated内蔵を遥かに上回ります。改良はDAC素子によるものではなく、細部に至る各所の設計改良がもたらした進化です。さらに2016年8月下旬出荷分より電源のアップグレードを標準装備といたしました。これにより更に進化した音質が楽しめます。お客様からのレビューがこちらに有ります。参考として御覧ください。

ご購入の際は電源オプションをAまたはBよりお選びください。また選択式のOCXOアップグレードは+6万円です。

Type A
逢瀬標準の音質です。オールマイティーでジャンルを選びません。音の傾向は貸出機の延長線上にあります。従来モデルより空間が広がり透明感が増しますが方向性の変化はありません。多種多様なジャンルの楽曲を聞く場合にはこちらが適合します。特にアタックの強い音色や、低音の安定感を求める場合にはこちらを選ぶことを推奨します。

Type B
分離の良さに特化したオプションです。Aよりも空気感があり、さらに透明度が高い音質です。ハイ上がりという意味ではなく、中域の透明度が高い音質です。こちらは女性ボーカル、情緒有るクラシック、繊細で優しい曲によく適合します。テンポの早い楽曲や、打楽器、低音が重要なジャンルには合いません。高音はAより若干色があり、低音はややゆるく、Aより弱い印象です。PCMよりDSDを好む方はこちらが適合しそうです。

  • DSD/PCMボリューム変更対応、ヘッドフォン対応、リモコン対応
  • ES9018を超える音質のAK4495Sをデュアルモノで使用
  • 電源系統も完全なデュアルモノ設計
  • 完璧なモノ設計によりクロストークは測定限界の-140dB以下(ヘッドフォンは含まない)
  • 超高性能電源により、正負アナログ電源の理論上のノイズ抑圧比は約-300dB
  • NEW DAC用の電源ノイズは50Ωの抵抗以下、計測不能レベルに到達
  • 384kHzPCM、11.2MhzまでのDSDフォーマットに対応
  • DSDの過渡応答を正しく再現可能
  • SPDIFからのDoPに対応。DoPはDSD64までの対応(DSD128での動作確認は出来ておりません)
  • DSD、PCMの切り替えノイズなし。プリを省略しパワーアンプに直結が可能
  • デジタルフィルタの切り替えに対応
  • ロージッターかつppbクオリティの高性能TCXOオシレータを搭載しDAC素子へ直接入力
  • 一部のDACで潜在的な問題を解決(詳細は発表時に公開)、(当方の調査によるとこの問題が起きないDACは当初の予想より多いようなので表記を変更しました。)
  • 多系統デジタル入力に対応。OPTICAL:2、COAXIAL:2、AES/EBU:1、USB:1
  • 出力系統は、RCAアンバランス:1、XLRバランス:1、ヘッドフォン:1
  • DACとしては大容量のトランスを搭載し安定感のある低音を実現

なおこのDACは特注仕様の試験的リリースのため、以下のような制約があります。再生産分も同様です。

  • 正式モデルではありません
  • ケースは背面パネル以外Integratedと共通のものになります
  • パネルはIntegratedと共通で、専用のネームは入りません
  • 背面パネルにモデル名等の表記はありません

なお採用DAC素子であるAK4495SはAK4490、AK4495を超える音質であることを確認済みです。確認は同一レイアウト基板、同一パーツ、同一電源での比較による対等な条件での比較による評価です。以前作成したDAC基板差し替え可能な試作品にて比較試聴しています。ES9018を超えるというのも同DACの差し替えによる比較結果です。この結果ES9018はAK4495S、AK4495以下であることがわかりました。

もちろん従来から訴えているDAC素子による音質差はアナログ設計、基板設計などと比べると遥かに小さい影響しかありません。AK4495Sを使用しているから高音質というわけでは決してなく、それ以外の要素を出来る限りベストとした上で初めて有意となる差でしかありません。しかしその他の条件をきっちりと満たした上での比較では違いは相対的に大きく感じるようになります。それはハイエンドDACのクオリティを目指すのであれば、出来る限り隙がないように対策していくことが重要であり、現在の当方の最新DACは素子の選択も重要である、そのような領域に到達しているということの表れでもあります。

WATERFALL Power 400

WaterfallPower2s

定価:32万円(税抜き)モノラルの価格です。

商品説明を表示

Hypex社の究極のクラスDアンプモジュールNcoreシリーズを使ったモノラルパワーアンプです。詳細はこちらをご覧ください。実物は写真の印象よりもかなり小型です。このモデルのアンプ出力は400Wですが電源は余裕をもたせた1200Wになっています。そのためかなりの余裕のある低音とパワーがあります。アンプも電源も最高の技術によって作られているため漏洩するEMIノイズなどは極小です。

オーディオ的品質でいえばUcDとNcoreは格が違いますが音の方向性はかなり異なります。柔らかく優しい音調が好みの方はWATERFALL Integrated 180(UcD)のほうが好ましいかもしれません。WATERFALL Power 400(Ncore)は低音のキレ、低音の底力、奥行の深さ、描写の明確さ、スピード感が最も違います。スピーカに対し余計な響きを出させず、正確に制動するアンプという印象の音です。それに対してUcDはスピーカに張り付くような制動力はありません。その分ふわっとした空気感があります。

また相応のスピーカでない場合はNcoreとUcDの違いがハッキリとわからない場合があります。目安として当方の試験では初代Nautilus 803程度だとUcDとNcoreの違いはそれほど明確ではありませんでした。もちろん違いはありますが価格には見合っていないという判断をします。高周波領域の品位はWATERFALL Integrated 180でも十分及第点に達しており、下位モデルであってもクラスDアンプにありがちな荒れた高域ではありません。Ncoreが本当に必要か事前に検討することをオススメします。

WATERFALL Power 400は完全受注生産品となります。納期は部材購入とケース加工の時間が必要なので最長2ヶ月ほど頂く場合もございます。また先に入金が必要になりますので予めご了承ください。途中でのキャンセル返金等は出来ません。納期が遅れる場合は早めにご連絡いたします。

 

アウトレット、B級品、試作品

こちらの品物の保証範囲は初期不良2週間以内のみの対応となります。それ以降の故障などの不具合は有償対応となりますのでご注意ください。また梱包は専用の箱ではなく、ありあわせの段ボールによる梱包となります。マニュアルも製本マニュアルではなく使い方を書いた簡単な用紙のみとなります。また電源仕様は基本的にAC100Vで使うことを想定しています。

基本的に1点ものであり価格も大幅に下げて販売しておりますのでご了承ください。

現在出品物はありません

PAGETOP
Copyright © 合同会社逢瀬 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.