明確な音質基準

既存の大半のオーディオメーカーと違い、製品に音質的な目安と基準を設けています。

収益より音質を追求

逢瀬はオーディオで利益が上がらなくても存続できる体制です。売上ではなく音質を第一目標としています。

高い将来性

創業時年齢が30代初頭なので長期でのサポート、開発、事業の継続が可能です。(万が一の事故や病気を除く)

音楽の専門家

音楽制作の豊富な経験があります。一般の電子技術者では難しい詳細な音の判断と分析が可能です。

Precious time, Precious Music. 特別な時間を、あなたに。

愛しい人とひそかに恋を交わすかのような、濃密な時間をお届けしたい。逢瀬 はあらゆる「特別」を奏で続けるブランドです。響き渡る潤音は否応なく非日常の扉を開くでしょう。自然の息吹、パフォーマーの息遣い、音楽の色濃い感動…数多にある喜びとの「逢瀬」を、今ここに。

逢瀬がお届けする、透き通るような高音質。それはまるで、クリアにして繊細、時には荒々しい清流そのものです。それらは優れた特性と、豊富な音楽制作経験を経て長年培った開発者の熟練された音質判断能力により生み出されるのです。

逢瀬(おうせ)とは

逢瀬は海外のメーカーではなく日本生まれの純国産メーカーです。開発者は15年以上の経験を元にしたプロレベルの音楽制作能力と、オーディオ機器製造に必要な電子回路設計技術をただ一人で両立していることが最大の強みです。そのサウンドへのこだわりからモニター用の自作機材制作に至り、持ち前である音の解析能力を活かして自作機材制作を進めるうちに、オーディオ機器開発の奥深さ、その魅力へとのめり込み、取り憑かれるようにオーディオ機器の制作経験を積んでいきました。

それらの結晶である良質なサウンド、感動を幅広くユーザーに届けたいとの思いから、音響機器を取り扱う「合同会社逢瀬」を設立しました。目標は単なる音楽の忠実再生にとどまらない、音楽再生に伴う独自の芸術性の表現と提供です。これらはオーディオにおける最終到達地に限りなく近い領域のはずであり、この達成を目標にすることはオーディオを志す会社にとって存在意義であり使命であると考えています。

製品取り扱い店舗リスト

2014年12月1日より直販での取り扱いのみとなります。