ソフトウェアのバージョンアップを行っています

最近の更新内容をBlogでも紹介しておきます。最近Integrated 250とAK4499-DACのソフトウェアアップデートを行いました。詳細は以下のリンク先を見てください。

Integrated 250のファームアップ内容

ソフトウェアアップグレード

こちらはIntegrated 250の更新ページです。更新内容はIntegrated mode時に右ノブで常時アンプのOn/Offを切り替え可能になりました。だいぶ前に構想はあったのですがようやく実現出来ました。用途としてはヘッドフォンに一時的に切り替えたい場合などでしょうか。設定変更から再起動という手順をしなくてもすぐ切り替えが出来るようになりました。こちらは簡単なアップグレード内容となります。

AK4499-DACのファームアップ内容

AK4499特注DAC

こちらの更新は主にマルチでのユーザー様向けなので、恩恵を受ける方は非常に少ないかもしれません。ですが内容は本格的なデジタルチャンデバ化に必要な内容ばかりです。詳細は上のリンク先を見ていただくとして、簡単なアップグレード内容を紹介します。

  • 4バンドパラメトリックEQ機能の追加
  • 各DACごとにLPFとHPFのそれぞれの特性を「バイパス、LR2、LR4、LR8」から自由に選択可能になり、それぞれの周波数も自由に設定可能に
  • マルチ動作の内部レートを2ch動作と同じ4fs(176/192k)に変更。マルチ時の音質向上

これによって完全に非対称なクロスの設定も出来るようになりました。LR2とLR8を同じ周波数でクロスさせることも出来ますし、フィルターを全部バイパスにすればマルチではなくフルレンジの4系統出力としても機能します。また配線次第ですがDAC4枚のまま3way出力+HPA出力有効化も出来ますし、設定の柔軟性が大幅に高くなりました。

買ってよかったと思っていただける製品にするために8ch出力を生かした機能を拡充してきましたが、ようやく当初の構想をほぼ全部実現できるところまで来ました。多くの仕様変更がありましたから、まだファームはテスト段階ではありますがマルチでお使いの方は何かあればフォーラムでご報告いただければと思います。

本格的なマルチ対応のDACは世の中では希少ですから、少しでも貢献できたらというところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 3 =