弩級試作スピーカFuji(仮)

少し間が開いてしまいましたが、今日は試作スピーカの話です。これは妥協抜きのスピーカをコンセプトに作成したものです。まずは写真を貼ります。フルアルミエンクロージャの上に38cmウーハーなので非常にサイズが大きく片チャンネルで重量160kgもあります。38cmユニット+オールアルミ、ホーンではない現代的なユニット構成となっています。Waterfallのロゴもちゃんと入っています。

形が富士山のようなので開発ネームFujiです(正式名称は変わる、と思いますが…)上部は密閉、クロスオーバーは3Wayです。下部は200リットルほどの容量がありバスレフです。こちらは概ね100Hz以下のみを担当しています。

まだ鳴らしたてですので、音は部屋含めて調整が必要だと思っておりますが、現時点でも投入した物量分のポテンシャルは十分に感じさせられます。やはり低音の迫力、勢いのようなものを非常に感じられます。高域も含めて分厚いアルミケースなので安定感はかなり高いと言えそうです。もちろん鳴らしたての上ネットワークの調整が完全ではないのですべての実力はまだ出ていないはずなので、最終的にどこまでの音を出してくれるのか楽しみです。

スピーカの基本コンセプトはYGアコースティックの影響を受けていますが、同社のようにユニットまで削り出しで作る気合はありませんので市販品(Scanspeak等)を使っています。影響がわかりやすい部分は、分厚いアルミ素材を使っていること、平行面を減らし共振による悪影響を防ぐ形状、ユニットの配置が似ている等でしょうか。しかし音の出方は本家と大分違うと感じます。本家は静かな迫力でどこまでも精密な印象ですが、Fujiは精密さも持ち合わせているもののもっと勢いを感じる前のめりのサウンドだと思います。

接続のアンプは未公開の逢瀬のハイエンドモデルとして投入を検討しているクラスDパワーアンプです。こちらもすこしずつ情報を出して行きたいと思っております。

Follow me!

弩級試作スピーカFuji(仮)” に対して1件のコメントがあります。

  1. まのじ より:

    作りは良さそうですね。上の容積がちょっと大き過ぎはしないかな、というのが写真を見ての感想です。
    ネットワークの作り込みに時間がかかるでしょうが、きちんとまとめていい感じで鳴ることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です