1月の開発進捗報告

同時並行的に進めています。

デジリコは音質対策とユーザーインターフェース関連の開発を継続しています。AK4499DACでわかったDSPの問題のいくつかが深刻な症状のためデジリコへのDSP搭載は中止することにしました。そのため残念ながらデジタルフィルターの強化機能はなくなります。そしてマルチチャンネル対応のニーズもほとんど皆無なのでDSP削除と合わせてマルチ機能も削除します。DDCとして要求される基本的機能と送り出しとしての音質に集中します。ネットワーク再生への対応や既存のリモートコントロールの刷新は予定通り進めています。特にユーザーインターフェースのあり方についてはこの世代以降で可能な限り一新したいと考えています。その代わり開発はかなり時間がかかりそうです。

ヘッドフォンアダプタは廉価版パワーアンプの基板生産と同時に量産予定です。

廉価版パワーアンプですがケース図面が完成しました。こちらはできるだけ急いで進めています。ケースは試作の発注すでに完了です。廉価版製品ですのでコストダウンを優先してケースは4499と同じところに依頼します。ただし上下の板厚は確保しています。内部構成は以下のようになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 5 =