P400のアップグレードのご案内、その他の情報

長らくお待たせいたしました。ショップに以下の項目を追加しました。

WF-P400フィルターアップグレード(往復送料別)

P400にP500と同等の入力フィルターを追加するものです。ただし全員に必須のアップグレードではありません。帯域外ノイズの多いDACを使っている場合にNcoreの特性劣化を防ぐ効果があるものです。例えばですが逢瀬製品との組み合わせではDAC側の帯域外ノイズが多くないため必須ではないです。ケーブルの取り回しが長いなど途中経路でノイズを拾う場合には有効かもしれません。

もう一つのアップグレード適応条件としてプリアンプの出力インピーダンスは最大600Ω以下である必要があります。これを大幅に超えるパッシブプリや一部の真空管プリを接続すると高域が想定以上に減衰し音声帯域まで影響が出てしまいます。出力インピーダンスが高いと思われる製品を使われている場合は要確認、またはアップグレードを避けるようにしてください。逢瀬のAK4499、AK4495、Integratedシリーズとの組み合わせの場合には問題ありません。現代の大半の電源を必要とする製品との組み合わせなら問題はないと思います。

なおアップグレードの往復送料は別途かかりますのでご注意ください。以下のような手順でのアップグレード作業となります。

  1. 購入手続き
  2. 入金確認
  3. お客様へ発送のご連絡(発払い)
  4. 到着後、アップグレード作業
  5. ご返送(着払い)

となります。

廉価パワーアンプの状況

こちらもおまたせしております。現在梱包用ダンボール製造中、製品のモジュールは先日ようやく本国出荷済みです。10月中に本格的な量産を開始できる見込みです。

AK4499用のファインメットコア

大変ありがたいことに多くのご要望をいただきましたので、ショップで取り扱うことにします。現在取寄中です。テストができましたらこちらで報告する予定です。使い方による音質傾向も簡単ですがご案内いたします。

光ブースターの販売検討

半導体不足の中で販売できるものがないか検討した結果です。

これはデジタルの光信号=オプティカルを同軸SPDIFに変換するだけのものですが、音質をある程度改善する効果があります。ただしデジリコのように本質的な改善はできません。非常に簡易的な内容ですが粗悪な光出力でもある程度音質を引き上げることができます。

ACアダプタで5Vを供給し光から同軸に変換するだけです。価格と発売までの期間を短くするため基板のまま販売しますので実質キット扱いとします。かなり小型の基板かつ部品点数も少ないので価格は手軽に買って試せる範囲に抑えられると思います。(ただしパワーアンプが落ち着いて以降となります)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + sixteen =