WF-P502L選別品グレード中止のお知らせ

WF-P502Lの下記グレード商品についての重要ご連絡事項です。

WATERFALL Power 502L ケース選別グレード

大変申し訳ありませんが販売を中止いたしました。現時点ですべての選別品在庫は通常グレードに統合いたしました。今後同グレード再開の予定はありません。

理由としては当方の選別眼が不十分のため、選別品でも不十分な品質であると判明したためです。今後も選別グレードに対するお客様のご期待に答えられない可能性が高い状況だと判断しています。これは当方の想定が甘く、想定より選別品への要求が高い可能性をきちんと考慮できていなかったことが理由です。選別品の説明の仕方も不適切だったと思います。

このグレードを検討されている方には申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

追記

もう少し詳しく背景事情も含めてご説明いたします。

まず良品とされる判断基準がお客様によってかなりの幅があることが理由です。一部当社にとっては達成はほぼ不可能と思われる要求基準が存在することが判明しました。この最も厳しい基準に照らし合わせてみますと、今後良品と主張できる仕上げを保証することは不可能という判断に至りました。少なくとも今後P502Lについては選別品など誤解を招く表現を避け、外観については一律保証外とさせてください。

もしその要求レベルに対応することを考えます。おそらく国内でも特別対応をしてくれる業者を探し加工を依頼し、さらに選別するしか方法はないように思います。それこそケースだけで一台10万円以上かけないと無理と思います。小ロットで発注ですと相手側に利益を提供できないのであまり業者にも強く言えません。必然的にケースだけでかなりの金額がかかってしまいます。過去実績でも(特別な注文でなくても)少数の発注ではかなり高額な費用が発生しています。

しかしそこまで高額になることを引き換えに完全な仕上げを必要とする方はかなり少数だと思われます。実際に選別品は今の時点で注文は2台のみでした。

以前、ハイエンドパワーアンプはすべて国内業者に依頼をしていました。ハイエンドモデルなら仕上げも見合う内容にしたいという判断からです。ただし外注先は産業向けのアルミ加工をしていた企業だったのでやはり完璧な状態ではありません。今よりは大幅に傷やムラは少ないですが0ではありません。ミスが有って問題が発生し全数処分してやり直しが発生したこともあります。なので現状よりかなりケースの原価率が高かったのです。必然的に販売価格も高額でした。

しかし昨今は海外から非常に安いNC500製品が売られていますし、国内大手もNcore採用製品の価格が下がってきて同様の状況です。以前のような価格帯ではもはや競争力がないと判断し、ケース品質を落とし内部もシンプルにする代わりに大幅に費用を抑えたモデルを作りました。それがP502Lです。

P502Lでは費用を抑えるために海外加工です。国内比だと価格を大幅に抑えることができるからです。むしろここを落とさない限り勝負になりません。最初から廉価版として販売する予定だったのでケースに費用をかけることは考えていませんでした。当然その分品質は落ちています。でも価格は品質よりはるかに大きく落ちます。だから今回は価格を選びました。

今回のケースは80セット作っていますが1-2割は不良と想定していました。4499のプロジェクトのときは本当に2割位製品にならないレベルの印字不良や色むらもありました。外注先は同じなので今回もそういうものを除外して残ったものを製品にしています。通常品はある程度問題があるものの論外ではないグレードを選別、そこからさらに2度めの選別をしたのが今回の選別品です。あくまでこのような背景事情を前提とした選別品であって完璧な仕上げを保証できる内容ではありませんでした。あくまで選別品の範疇であって、決して完璧と言える品質ではありませんでした。

このあたりは当方の意識と説明不足でした。大きな誤解を招いたことはお詫びいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − thirteen =