A.O.M株式会社様による採用実績とレビュー

最先端かつ世界に通用するハイクオリティな音楽制作用エフェクターを制作するA.O.M.株式会社のリファレンスDAC+パワーアンプとしてWATERFALL Integrated 250が採用されました。導入からある程度の時間が経過し使用感がわかってきた段階でのレビューをいただきましたのでこちらに掲載いたします。

このレビューは当社が依頼したものですが採用そのものについては著名プロ用DAコンバーターとの厳密な試聴結果による決定であり当社の意向や依頼によるものではありません。

逢瀬 WATERFALL Integrated 250 レビュー

下記画像をクリックでレビューページへリンクします。

一切の我欲を捨て去ったとも言うべきDAC、
高い基礎性能と弱点を廃したD級パワーアンプ、
以上の組み合わせと高い柔軟性を持った、リファレンスオーディオシステム

逢瀬という、基礎を抑えながらも特異な発想を常に組み込み成長し続けるメーカーから生まれたWATERFALL Integratedシリーズの新型機、WATERFALL Integrated 250(以下WF250)とは一体どう言うものなのでしょうか?

パワーアンプ一体式DACという特異な構造を持ちながらも比較的コンパクトな装いで、表面上の情報からはその実力は容易には想像できないかもしれません。

それを一人のエンジニアとして業務も含めた使用経験を経て、語らせていただきたいと思います。

A.O.M. 株式会社について

A.O.M.株式会社は、東京を拠点に活動しているソフトウェア・デベロッパーです。同社のリミッター・マキシマイザー「Invisible Limiter」は大ヒットを記録。その後継のG2は他社に先駆けた高性能で多くのプロフェッショナルからの支持を得ました。現在最新作は従来と根本的に異なる方式を採用したエルゴノミックディザー「Sakura Dither」。以上のような音楽制作向け最先端ハイエンドプラグインの開発・販売をしている会社です。

次回のBlog記事掲載予告

次回はWF-P500に採用となった電源ケーブルの紹介です。

こちらはもともとプロオーディオ向けケーブル制作からのスタートとなるケーブルメーカー「WeltWiring」によるこだわりのハンドメイドの外注制作による本格的な電源ケーブルです。逢瀬ではパワーアンプ付属用ケーブルとして採用していますが、今後は電源ケーブルとしての単体の取扱&販売をスタートする予定となっております。それにあわせて今後標準品のみならず上位モデルの拡充も予定しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です